キッチンアルバイトを始めたきっかけ

私は元々、お料理するのが得意じゃありませんでした。
たまには彼氏に手料理でも振る舞いたいと思っても、基本を知らないからてんでダメでした。
だからってお料理するのが嫌いなわけではなかったんです。
時々は挑戦してみてたんですが、いつも途中で妥協というか挫折してしまって、なかなか気に入った味のものが完成しませんでした。
これじゃいけないって思って、お料理教室に通おうかなとも思っていた時期もあったんですが。

そんな時たまたま目についたのが、「料理が上手くなりたいと思っているあなた、そんなあなたの希望を叶えてくれるアルバイトがあります」という求人広告です。
パスタとピッツアのお店でした。
「あなたも一緒に働いて料理の腕をあげちゃいましょう!」と続いていました。
そのお店は、前にデートで行ったことがあった場所でした。
イタリアの田舎町のレストランみたいなアットホームな雰囲気で、パスタもピッツアも美味しかったし、お店の人の応対もいい感じだったことを記憶していました。
その時、あんな雰囲気のお店だったらアルバイトするのも悪くないと思いました。
それにお給料をもらいながら、料理が得意でない私の料理の腕が上がって彼氏に手料理を作ってあげられるようになったら、これって一石二鳥だなとも思ったんです。
それで、そのお店でアルバイトをすることに決めたんです。
見事採用されて、今もそのお店でキッチンスタッフとして働いています。
肝心の料理の腕はというと、めきめき上達しました。
今は料理を作ることが楽しくて仕方なくて、彼の胃袋もがっしり掴んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です