キッチンの中は戦場

キッチンのアルバイトのいいところは、技術が身につき料理が覚えられることです。
ですから料理好きにはもってこいの面白いアルバイトだと思います。
ただ同じキッチンといっても、その職場職場で雰囲気はまるで違います。

ですが、どこのキッチンも暑さとの戦いです。
ガスの火だ、鍋の湯気だといくら換気扇を回しても熱がこもってしまいます。
その上、油は飛び散って身に着けているものは汚れるし、火傷だってしてしまいます。
特にランチタイムやディナータイムの混み合う時間帯はキッチンの中は戦場です。
休む暇さえありません。
お客様の食事を用意しているのですからその時間はもちろん一般の人が言うところのお昼時あるいは夕食時になります。
当然従業員はその時間には食事は取れません。
食事をとる時間が普通の人達とはずれてしまうことは覚悟しておかなければなりません。
お店が忙しい時にはお昼抜きなんてこともあります。
この仕事を続けていると、この戦場のような忙しさによって自分自身もハイテンションになってそれはそれで楽しくなってくることもあります。

キッチンの仕事の内容は仕込みと仕上げと片付けの3つが基本になります。
最初の仕込みは料理の下準備です。
野菜を切ったり、肉や魚をさばいたりします。
米を研いでご飯を炊いたりもします。
仕上げは仕込んだ食材を料理として完成させる工程です。
焼いたり、炒めたり、揚げたり、茹でたりします。
そして、お客様に出せる料理として盛り付けます。
そして最後に片付けです。
食器洗いはもとより、フライパンや鍋、ガス台周りを磨いたり、床の掃除もあります。包丁研ぎなどもあります。
これら基本の仕事の他にも、届いた食材の確認や整理、そして冷蔵庫や冷凍庫の中身の仕分けや中の清掃などアルバイトといってもやらなければならないことはたくさんあります。
アルバイトを探している料理好きな人、やりがいのあるキッチンの仕事をオススメしますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です